パドルボード紹介
スタンドアップパドルボーディング
 
「PADOBO」および「スタンドアップパドルボーディング」は、登録商標です。



スタンドアップパドルボーディングとは、
ボードとパドルを使った新感覚の水上レジャー
PADOBOは鎌倉生まれのブランド
新しい遊び方のスタイルを提案します。
  スタンドアップパドルボーディングは、
パドルとボードを使った21世紀の遊びの
最も進化したスタイルです。
平水面でのアクティブなスポーツで、
10歳程度の子供から60歳以上の大人まで、誰もが取り組めます。
サーフボードですから、波乗りができ、シーカヤックやカヌーのように漕いで楽しく、またリグをセットすればセイリングもできる、素晴しい遊び道具です。


PADOBOとは、プロサーファーであり、プロウインドサーファーでもあり、
そして30年以上に及ぶキャリアを持つサーフボードシェイパーでもある奥田哲が、世界に先駆けて開発した、スタンドアップパドリングのためのパドルとボードなど、専用のギアを提供するブランド名なのです。


スタンドアップパドル用パドルの開発と、自らテストを重ねた国内唯一のメーカーです。
カスタムパドルは、オーダー毎に木材を張り合わせてブランクスから製造し、
ボードシェーピングの技術で削り出して、シェイプアップします。
プロダクションパドルは、ストロークの軽さや使いやすい機能を考慮して、
コストパフォーマンスに優れた製品を開発しました。


そして、私たちが自信を持ってご紹介する 
スタンドアップパドルボード「PADDLE SURFER 11'4"」は、
ボードデザイナーとしての奥田哲の真価を証明するものです。
ボードがぐんぐん走って波に乗って行こうとする、その性能をぜひお試し下さい。


 これは奥田自身が培ってきたウォーターマンと
しての経験から生まれたオリジナル商品!!
PADOBOは日本で生まれた登録商標です。
   2WMSパドボ事業部では
全国の販売店様を対象にした
パドボ試乗会 および
パドボスクール公認インストラクターの養成講座を開催しております。

ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。
Mail : info@padobo.com

  スタンドアップパドルボードィングは、風や潮に流されやすく、
 時と場合によっては危険を伴います。

海では命を落とすこともあるので、安全のために以下のことを必ず守ってね



・オフショアの時にはあまり沖へ出ないように注意しましょう。
・波乗りはパドルで方向転換ができるようになってからです。
・サーフポイントではサーフィンのルールを守りましょう。
・帰りの距離を考えて、自分の体力と相談しましょう。
・行動予定を立てて、出艇申告をしましょう。
・リ−シュコードとライフジャケットを着用しましょう。
・釣りをするときは、釣りに関するローカルルールを知りましょう。
・大型船の航路に近づかないようにしましょう。
・港湾地区では立ち入りが規制されていることがあるので、注意しましょう。




  パドルが折れちゃった!!という皆さまに、ご注意とお願い


PADOBOブランドのパドルJOYは樹脂製品です。
無理な力がかかると、簡単に折れてしまうことがありますので、ご注意下さい。
使用中のパドルの破損は補償できませんので、ご了承下さい。

正しいパドリングは、全ての力が効率よくボードの推進力になりますが、
間違ったパドリングや無謀なアクションでは、水の抵抗がパドルのシャフトに、
必要以上に負担を掛けてしまいます。

パドボ事業部では、ユーザーの皆さまに、正しいパドリングの基本をお伝えするために
「スタンドアップパドルボーディングの基本」と題した冊子をボードに付けております。
また、鎌倉市材木座海岸のオクダスタイルサーフィングでは、
スタンドアップパドルボーディング「パドボスクール」を常時開催しております。
パドルをへし折る前に、パドボスクールを受講して、正しい基本操作を覚えて下さい。

  一般メディアに「パドカム」が採用されました!
ぜひ、リンクをご覧下さい。



パドルのシャフトにカメラを付けてしまう
その名もPADD CAM(パドカム)
アイデアマン、奥田哲の発明です。
このパドカムが毎日コミュニケーションズの編集者の目に留まりました。

略してマイコミのインターネットサイト「マイコミジャーナル」にて、
パドカムの映像とオクダスタイルサーフィングのサーフレッスンのコアな部分を
連載でお伝えしています。
これからサーフィンにトライしようかな?と思っている人も
理屈抜きで波に体当たりで始めた人も、必見!!
  ページトップからメニューバーの
「OKUDASTYLE SURFING」
プルダウンメニューの「shop information」にアクセスして、リンクを開いてください。
  TOPへ戻る
  2007 HawaiiでPADOBOブランドが
デビュー!


Buffalo Big Board Surfin Classic 2007 (Feb3+4,10+11) hawaiian's TEAM PADOBO大活躍!!

Oahu Westside Makahaでお馴染み、第31回を数える今大会では「バッファロースタイル」のメンズオープンよりも「ビーチボーイ・スタイルサーフィン」へのエントリー数が上回るほどの立ち漕ぎブーム。
流行っているサーフスタイルってことで、地元誌では『Time to Take a Stand-up』と紹介されています


写真は、マカハビーチにて
ワールドチャンピオン、RUSS-K & SATORU
  おめでとう!!
Keoni keaulana  2ndPLACE

2008
ku‐Ikaika  BigWave  challenge


大波にスタンドアップパドリングでチャレンジするというコンテストが、2008年2月 
Hawaii OAHU島のMakahaサーフィングビーチで行われました。
PADOBOが大好きなハワイアン、ライフガードのケオニ君は、PADDLESURFER11’4”スタンダードで出場。
見事2位を獲得しました。1位とはわずかの差でありました。

写真はヘリからの空撮。波は15feet!! Waoo

  HawaiiでPADOBOするなら
KEAULANA`s SurfshopへGO!



この記念すべき2007年、
我がPADOBOブランドは
Makahaに昨年オープンしたKEAULANA'SurefShopで販売を開始しました。

MakahaをベースにJPSAでも活躍中の姉妹でプロサーファー、
植村未来ちゃん(左)と未央ちゃん(右)のお店。
日本語でも対応してくれるから安心です。
PADOBOのレンタルも有り
  お問い合わせは直接現地へ
Address : 84-1170 farrington Hwy Az Waianae,Hawaii 96792
Phone : (808)-695-7000
URL : www.keaulanas.com
  PADOBOのルーツを教えましょう。


鎌倉市材木座海岸は、明治時代から100年以上もの歴史のある海水浴場。
昭和10年代から30年代まで、フロートという波乗り道具があった!
(詳しくは、サーフカルチャーのページを読んでください。)

ハワイでは、波乗りの写真を撮影するためのツールであったものをリバイバルさせたのが、ブライアン ケアラナ

MAKAHAで由緒あるサーフィン大会「Baffalo BigBoard surfing classic」での ひとつのゲームとして始まった!!
  その昔HAWAIIはWAIKIKIのビーチボーイ達が小遣い稼ぎにやりだしたのがはじまり。 波乗り体験する観光客たちを撮影するために、首からぶら下げたカメラを濡らさないようにボードに立って漕いで出たのがそのルーツと伝え聞く。


それをサーフィン大会の一種目に仕立てたのが、MAKAHAでの御存じ "BAFFLOW BIGBOARD CONTEST”でのこと。 『なにか面白いことないかな・・』で、スタンドアップ パドリングアウト サーフィン” この新種目は、2003年から今年で3回目を数えるまったく新しいサーフスタイルだ。


WAIKIKI BEACH BOY STYLE"と名付けられたこの種目に出場するサーファーを紹介するとラスティーやブライアンなど バッフアロー familyは言うに及ばず、ボンガ パーキンスや デュエイン デソトの世界チャンピオン達。


それからランス ホーオヵノ、エリック ハウ、バジー カーボックス、ア−チー カレパなどなどビックネームがずらり。


普通のサーフィンはあたり前に上手で、次の可能性にチャレンジしているおじさま達がここでは主役なのだ。この種目が始まった2003年当初は、各自が工夫をした様々なパドルを見る事ができた。 例えば、木製のカヌー用パドルに長いシャフトを付けたものや、日本で見かける「雪かき用のシャベル」のような形のプラスチック製のもの。などなど・・

  翌2004年、カーボン製のパドルが登場したが、奥田哲は自作の木製パドルを持って出場し、そのパドルはMAKAHAローカル達に大評判で大会中はみんなで使い回しの引っぱりだこであった。
その後パドル作りは過熱し、試行錯誤の開発とテストが繰り返され2005年に製品化した。 『PADOBO-パドボ』物語はいずれまた・・


スタンドアップパドルの流行りはMAKAHAだけではない。
MAUI島ではレイヤード ハミルトンとデイブ カラマがMALIKO BAYをスタートしてダウンウインドで(風下へ)漕ぎまくり、途中、HO'OKIPAでクローズアウト気味のダブルオーバーを何発かメイクし、たぶんその後、CAMPONEのアウターリーフで乗りまくりながら最後はKANAHA BEACHへ上陸するというとんでもない遊びをしている。


MAUI島からMOLOKAI海峡を横断してOAHU島へのレースも行われたと聞くから驚きだ。
HAWAIIANは遊び方もでかい!!
 
バッファローさんにプレゼント ラスティさんにプレゼント
バッファローさんにプレゼント ラスティさんにプレゼント
  そして2005年からオクダスタイルが提案するのは、海に限らず水に浮かべて、立って漕ぐ『スタンドアップ パドルボーディング』


それは波がなくてもサーフィン感覚なのだけれども波乗りだけではなく、その遊び方は思いつくまま無限にあるということ。
さあ、みんなでおもしろがって考えよう!君の情報を待ってます。


浮力のあるボードなら(11フィート以上のサーフボード、ウインドサーフィンボード、レスキュー用パドルボードなど、など)デカすぎて置き場所や処分に困っているボードでも水の上で立てるものなら、なんでも使えます。


初めてトライする男性におすすめなのは、WIND SURFER艇やIMCO ONE DESIGNに代表されるセンターボード(ダガ−)がついたレース艇。または12feetぐらいで幅のあるビックボード。 体重の軽い小柄な女性なら10feetクラスでもできます。
  「そんなの持ってないよ〜。」という皆様にはレンタルボードを用意しました。 パドルも貸し出しますので、まずはトライしてください。



レンタル料金

パドルのみ   1時間: 1,500円  1日: 3,150円
パドルとボード 1時間  3,150円   1日: 8,400円

  
詳細は「SHOP INFORMATION」へ
  TOPへ戻る
パドボの遊び方
 
 

パドボの遊び方その2

波が無くてもカヌーやシーカヤックみたいに

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  TOPへ戻る
PADOBO 体験者の声
  平水面であれば楽々と漕いで前に進むことができ「自分の力で進む楽しさ」がわかりました。 水のきれいな時には海底がよく見えます。 魚などの生物も見られて他では体験できない、水の上からの水中観察ができます。


水の上でバランスをとりながら全身を使った運動なので、背筋、腹筋、肩まわり、足腰に加えて足裏や体側などの普段使っていない筋肉のトレーニングになります。


ダイエットにうってつけ!!  
1〜2時間のパドボでもかなりの運動量になるので、かなり発汗しています。
脂肪をエネルギーに変えて消耗しているのを実感できます。体重が落ちて身体が引き締まりました。


普段のサーフィン中にサーフボードの上でとても安定していられます。 ボードをしっかりと踏めるようになり、大きなラインで波乗りができるようになりました。
  TOPへ戻る
リスクマネージメント
  海では命を落とすこともあるので安全のために必ず守ってね


・オフショアの時にはあまり沖へ出ないように注意しましょう。
・波乗りはパドルで方向転換ができるようになってからです。
・サーフポイントではサーフィンのルールを守りましょう。
・帰りの距離を考えて、自分の体力と相談しましょう。
・行動予定を立てて、出艇申告をしましょう。
・リ−シュコードとライフジャケットを着用しましょう。



  パドルが折れちゃった!!という皆さまに、ご注意とお願い


PADOBOブランドのパドルJOYは樹脂製品です。
無理な力がかかると、簡単に折れてしまうことがありますので、ご注意下さい。
使用中のパドルの破損は補償できませんので、ご了承下さい。

正しいパドリングは、全ての力が効率よくボードの推進力になりますが、
間違ったパドリングや無謀なアクションでは、水の抵抗がパドルのシャフトに、
必要以上に負担を掛けてしまいます。

パドボ事業部では、ユーザーの皆さまに、正しいパドリングの基本をお伝えするために「スタンドアップパドルボーディングの基本」と題した冊子をボードに付けております。
また、鎌倉市材木座海岸のオクダスタイルサーフィングでは、スタンドアップパドルボーディング「パドボスクール」を常時開催しております。
パドルをへし折る前に、パドボスクールを受講して、正しい基本操作を覚えて下さい。
  TOPへ戻る

(C) 2005 OKUDA STYLE SURFING Copyright All Reserved.